【痛みのチラシ】その痛みがとれたら「何をしたい」ですか?やまもと整体院−2

 

こんにちは

チラシバンクの宮本です。

 

今回のチラシは以前ご案内した

こちらのチラシのデザイン替えになります。
→ https://chirashibank.com/?p=1585

 

このタイプのチラシは、いろんな症状の訴求に応用が効きそうですね。

例えば、「あなたの身体の悩み、私にご相談ください」という部分を

「なかなか改善しない四十肩・五十肩の悩み、私にご相談ください」として

訴求ポイントを絞り込んでみるのもいいですね。

 

またその場合、チラシの裏面は「自宅でできる四十肩・五十肩の簡単エクササイズ」として、動画のサムネイルをQRコード付きで掲載してみるのも面白いかもしれません。

 

そしてスマホ全盛のこの時代においては、チラシは興味づけに徹するようにしましょう。興味のそそるタイトル、コンテンツで続きはスマホでアクセスしてもらう、という流れが効果的です。

 

もし、良い原稿がなかなか思いつかない、とお困りであれば一度ご相談ください。あなたのホームページやリサーチ内容から、僕の方でセールスコピーの提案もいたします!

 

チラシの制作依頼はこちらをクリックしてください

 

投稿者プロフィール

宮本たかお
宮本たかおセールスコピーライター
株式会社グランド・ユー
スモールビジネスのためのホームページや販促ツールを作るのが仕事。お客さまの悩みや願望といった感情をベースにした販促ツールづくりが得意。最近は子供のつきそいで始めたバドミントンで15キロのダイエットに成功!子供よりはまってるかも。。。

16ステップマニュアル

「お客さんの反応が面白いように上がる!」
チラシ原稿をつくるための、16ステップマニュアル


無料プレゼント
あなたも、お客さんの感情をベースにしたチラシを作って、
好きなときに好きなだけのお客さんを集めてみませんか?


manualbook04

あなたは
お客さんが読みたいと思えるチラシとはどんなものか知っていますか?
どうやって書けばいいのか知りたいとは思いませんか?

今日は、反応がとれるチラシ原稿をステップバイステップで、
誰でも簡単につくれる、
16ステップマニュアル(PDFファイル全24ページ)を用意しました。

ぜひ、この機会にダウンロードして、あなたのチラシ制作にお役立てください。

無料ダウンロードボタン青